顏のシワが、その人の顔の一部として認識されるようになるのは、大体38歳くらいかなと個人的には思っています。

このくらいの年齢になると本当に実感するのですが、中々疲れがとれなかったり、巨大なクマやほうれい線がなんとなく急に存在感を大きくしてきた気がします。

38歳以前だと、肌のコンディションが最低レベルになっていても、ケアして眠れば翌日にはちゃんとゲンキを取り戻していたと思うのですが、38歳になった途端、肌がゲンキになるまでに、おもったより時間がかかるようになってしまい、それどころかもう、復活する日はないのでは?とすら思ってしまいます。

顔にシミができてくると、もっと若いのに!と言いたくなるほど老けて見られてしまいますよね。歳を取るにつれて、皮膚の回復力が弱化していき、日焼けに対して油断ができなくなりますから、常日頃から日焼けには注意しなくてはなりません。帽子、または日焼け止めなどで直接の紫外線を避けると一緒に、ビタミンCの多い野菜や果物を、今までよりももっと摂っていきましょう。まだアラフォーには遠いのに、この頃、顔回りや手の甲あたりにシミがあっちにも、こっちにも出てきてしまいました。私の場合は原因がはっきりしていて、日光にふくまれる紫外線、それが私の肌を容赦なく焼いたのです。靴をはけるまでに成長した子供(ファミリー層を集客するためには、ターゲットにする必要があります)と雨降りの日以外は毎日仲良く公園で遊んでいました。

身支度は持ちろん、子供(ファミリー層を集客するためには、ターゲットにする必要があります)が最優先です。そのため、自分の方はとりあえず帽子だけかぶって見切り発車する事が多くなってしまうのです。でも、いくら時間が無くても、日焼け止めくらいは塗らなくてはいけませんよね。後悔先に立たずですから。

いつしか顔にこんなに増えてしまったシワ、消してしまいたい、と思ってしまいます。そのシワのできる原因は、つまりは老化であり、紫外線の影響も大きいようです。できてしまったシワをどうこうするのは難しいですが、防ぐために紫外線をカットできる日焼け止めを利用したり、帽子や日傘も駆使して一年中紫外線対策はしておくべきでしょう。そして、日焼けしてしまったら、日にちをおかずに、できればその日のうちにしっかり肌をクールダウンしてあげて、化粧水、美容(近頃では、女性だけでなく、男性でも意識している方が増えてきています)液などを使ってしっかり保湿をし、シミの定着を予防して、乾燥を防ぐようにします。

こういう予防、ケアを積み重ねることが、結果としてはアンチエイジングになっていきます。紫外線を同じ時間浴びたとします。しかし、それによって現れてしまうシミは人によって様々です。簡単に言うと、シミができやすい肌があるのです。具体的に申しますと、きめの細かい白い肌を指します。見分けるコツとしては、日焼けした時に黒く残らずに赤くなる人がそのタイプだといえます。美肌というものは、とても繊細なものだといえます。

肌にシワができる原因は、細かく挙げればいろいろなのです。しかしながら、一番大きな原因と考えられているのが、乾燥でしょう。肌が水分(あるものに含まれている水のことです)不足になってしまうと、乾燥状態になり、これがシワの発生につながるのです。顏の中でも目尻というパーツは、皮脂の分泌が少ない部分であり皮膚が乾燥すると、その影響をすぐにうけしまい、他より早く、小ジワの出現が見られる部位です。また、加齢による自然な現象なのですが、皮膚の張りのための大切な構成成分・コラーゲンやヒアルロン酸が減って行く事になり、シワやたるみは年齢を重ねるにつれ増えていく一方になります。強い紫外線を浴び続けた夏が終わった頃、秋から冬にかけての時季と時節の変わり目にはお肌の乾燥注意報が心の中で鳴り響いています。

油断していると乾燥に弱い目の周りの薄い皮膚のあたりなど、細かいシワでいっぱいになり、乾燥が進んで赤みが出たりすることもありました。

これらの危険な時期、スキンケアはかなり気をつかって丁寧に行っていますが、ここ最近は、毎度の化粧水や乳液、クリームの三点セットの他にオイルの使用も欠かさなくなりました。

お肌に使うオイルはなるべくならいいものを、と考えていますが最近では特にココナッツがいい感じで、続けて使ってみています。以前は気にならなくても、加齢と一緒に、お肌のシミは気になりだすでしょう。

気になって仕方がないシミには、一度試していただきたいのが漢方です。漢方ではシミを直接的に治すというよりも落ちていた体の代謝を改善することで、体がシミを作りにくい状態になったり、その手助けによりシミが改善するのです。飲むことで体の調子も良くなりますから、シミ対策だけでなく健康的な体も望めます。どのようにして肌にシワができるのか、その原因としては、乾燥が一番であることはよく言われているようです。屋内でエアコンの風にさらされたり運動をして、汗が肌の保湿成分ごと流れていってしまった場合などは特に要注意です。

肌の乾燥を防ぎたいのなら、とにかく保湿を何度でもおこなうようにする事が大切だとされています。こういう時にスプレータイプの化粧水は便利です。持ち歩いてこまめにひと吹きすると良く、また、運動などで汗をかいたら、その後の保湿を怠らないことです。ぽこっとしたオナカが気になったので、友達に勧められてダイエット(一生継続できる方法で行わないと、一時的には成功したように思っても、結局は失敗するようです)(ファスティング)して、オナカ周りが随分スッキリしました。きれいになるためにそれなりの苦労をして、運動して睡眠もとっていたのに、なぜかお肌に目たつ皺ができてしまいました。

ダイエット(一生継続できる方法で行わないと、一時的には成功したように思っても、結局は失敗するようです)前後の写真なんて撮っていませんからわかりませんが、きれいになるはずが、なぜこうなった?。と思いますよね。とりあえず普段は酵素(生物の体内でタンパク質を元にして作られています。全ての生命活動に不可欠な物質です)を飲向くらいにとどめ、スキンケアを優先させ、落ち着いたらダイエット(一生継続できる方法で行わないと、一時的には成功したように思っても、結局は失敗するようです)に再挑戦しようと思っています。